育児

オムツのサイズアップはいつする?目安が知りたい!

赤ちゃん産まれて数ヶ月はどんどん体重も増えて体つきも変わってきますよね。

そろそろオムツのサイズを替えた方がいい気がするけどどのタイミングで替えればいいのか分からず迷うママも多いです。

 

うちの子は産まれた時こそ普通体形だったものの、どんどん大きくなりあっという間にサイズアップのタイミングが訪れました。

今回はオムツのサイズアップのタイミングや目安をご紹介します。

一般的なオムツの種類

代表例としてパンパースのオムツの種類をまとめました。

テープは新生児~Lサイズまで、パンツはS~ビッグサイズまでとなっています。

  • 新生児用:3~5kg
  • Sサイズ:4~8kg
  • Mサイズ:6~11kg
  • Lサイズ:9~14kg
  • ビッグサイズ:12~22kg

メーカーにより微妙な違いはありますがだいたい同じと思って問題ないです。

目安体重はだいたい同じであるものの、足やお腹回りのゴムの太さや、お腹の長さはメーカーによってかなり違います。

 

私も色々なメーカーのオムツを試しましたが、サイズ感は

パンパース、グーン < メリーズ < ムーニーマン < マミーポコ

という感じでした。

 

オムツをサイズアップすると1枚当たりの単価が一気にあがりますので、できるだけサイズアップのタイミングは遅い方がいいという方がほとんどだと思います。

メーカーにこだわりがなければ、まずはパンパースやグーンから使って、きつくなってきたらサイズアップの前にメリーズやムーニーマンを試してみるといいと思います。

このやり方で3ヵ月くらいはサイズアップせずにすみました。

 

ただし肌が弱い子は荒れないメーカーを選んであげてくださいね。

また、パンツタイプは男女に分かれているメーカーもありますので買うとき注意しましょう。

サイズアップの目安は?

サイズアップのタイミングはいくつかあります。

おへそが出る・足の付け根に跡ができる

オムツをつけたときはおへそが隠れると思いますが、オムツがおへそに届かなくなってきたら替え時です。

 

また、足の付け根にオムツのゴムの跡がくっきりとできていたらきついはずです。

指2本が入るくらいのきつさで確認してみましょう。

多少の跡はつきますが、赤くなっているとかなりきつい証拠です。

 

サイズアップやメーカーを変える検討をしましょう。

おしっこやうんちが漏れる

離乳食が始まるまではうんちはゆるめで、身体が大きくなるごとに1回の量も増えます。

うんち漏れが頻繁に起きるようであればサイズアップをしてみましょう。

 

うちの子がSからMにする時は、それほどきつくはなかったのですが、うんちを2回連続でされた時に受け止めきれず漏れることが多かったのでサイズアップしました。

 

ただし注意して頂きたいのが、細めの子だとサイズアップによって余計に漏れてしまうことがあります。

背中漏れ⇒横漏れになったりします。

足回りが細い子は、サイズアップするには危険だったりしますので、メーカー変更がおすすめです。

動きが活発になってきた

動きが活発になるとオムツ替えが大変になってきます。

 

5か月頃で寝返りをしだす子も多く、寝返りにハマるとあおむけにしてもすぐにくるっとしてしまいます。

テープタイプは仰向けでないとつけられませんので、寝返りを頻繁にしだしたらパンツタイプにしましょう。楽にオムツがつけられますよ。

パンツとテープタイプの併用もおすすめ!

パンツタイプになって単価があがったなぁと感じるママさんも多いはず…

節約したい方はテープタイプを併用するのもおすすめです。

 

テープサイズはLサイズだと10枚くらい、Sサイズだと20枚くらい多く入っています。

(金額にすると100円は違います!)

長い目でみたらかなり節約になりますよね。

 

さらに、テープタイプは対応している体重の幅が若干広いです。

お腹まわりをテープで止めるのでパンツよりは長く使えます。

 

よく動く子だと難しいですが、じっと立っていられる子だと、ズボンやタイツを脱がさずに替えられるテープタイプを長く使っている方もいますよ。

「寝返り・ハイハイをしたくてしょうがない時期」を乗り越えたらテープの方が楽という方もいるくらいです。

 

オムツの替えやすさ、子どもの機嫌に合わせて使ってみてくださいね。

まとめ

オムツのサイズアップをすると単価も上がりますし経済的な悩みもありますよね。

私の経験ですとそれぞれのサイズで3パックは使えるので、買いだめするならそれくらいがおすすめです。

特に新生児サイズやSサイズはそれ以上買うと余る可能性があります。

 

ワンサイズ大きいのを買うか迷う場合は、赤ちゃん本舗やベビーザらスなどでサンプルをもらってもいいと思います。

ついでに他のメーカーを試すこともできるので一石二鳥です。

 

サイズ感はもちろん、おしっこの吸収量もメーカーによって違うのでぜひ試してくださいね。